FC2ブログ
褪不去的是身上彩虹的印记 跟着那个会唱歌的身体 一起转圈圈吧★`·.¸¸.☆
十年一个轮回
FM802banner.jpg

看到这个 我还能说什么吗
虽然发型已不同于当年的MM头
但是整个外形的轮毂
仍然可爱依旧 orz


今日のトークゲストは、HYDEさんでした!

musicgardenbanner.jpg

(画像掲載は、本文公開から1ヶ月間です。)


あう~、美しい~!お隣に並ぶのが、恥ずかしい~~!
今年は、1月にGacktさんにもお越し頂いた さゆぱらですが、今日は、そのGacktさんとも親交の深いHYDEさんが初登場!日本の美形アーティスト様2TOPと言っても過言ではないのではないでしょうか?もぉ、私、死んでもいいやぁ(笑)

L'Arc~en~Cielのボーカリストとして、知らない人はいないであろうHYDEさん。一方で、2001年からはソロ活動も行なっていて、今年2月には、CBCテレビで放送のアニメ『BLOOD+』のオープニング・テーマとして『SEASON'S CALL』も届けてくれました。
そして!その先行シングルも含む2年4ヶ月ぶりのNEWアルバムが、4月26日にリリースの『FAITH』 です。 

「信頼」「信仰」を意味するタイトルに、荊の冠を戴き俯く青年が描かれたジャケット。1曲目に収められている曲は、『JESUS CHRIST』…どんな想いが込められているのか、何故このタイトルになったのか?伺ってみましたが、そのお答えは、意外なものでした!何と、
「締め切りが迫っていたから。」 (笑)
いーや、きっと、実は、色々考えてらしたに違いない!早速さゆりん、軽くあしらわれております(^^;)

「ライブで演奏する事を前提に作った」という全10曲は、その殆どが英語詞。HYDEさん自身が、いつも聴いてるのが洋楽中心だから・との事ですが、でも大丈夫。ちゃんと、日本語訳が付いてますので、HYDEさんのメッセージは ちゃんとダイレクトに伝わって来ます。

サウンドは、UPテンポなものから、幻想的な曲、ダークなイメージのナンバーまで色々と入ってますが、共通してるのはROCK!ってこと!それもそのはず、L.A.でレコーディングされた今回の作品は、共同プロデュース&ギターにKAZ氏、ベースは元NINE INCH NAILSのDANNY LOHNER、ドラムがTHE CULTなどで知られるSCOTT GARRETT、んでもって、レコーディング&ミキシングエンジニアが、MARILYN MANSON、NINE INCH NAILS、NO DOUBTなどを手掛けるL.A.でも屈指のエンジニアプロデューサーSEAN BEAVANという布陣です!格好いいサウンドにならないワケが無い!
もちろん、どの曲でも一番の聴き所は、抜けの良い高音から魅惑の低音まで自在に聴かせるHYDEさんのボーカルです。ハードなBANDサウンドの中にありながら、その存在感を増している声の力には、聴き惚れてしまいます。
初回生産限定盤には、DVDが付いているので、早目にチェックしよう!!

アルバムリリースに先駆けて、既に4月7日からソロ・ツアーもスタートしています。こちらの地方には、5月20日(土) 岐阜Club-G、21日(日)豊橋LAHAINA、23日(火)浜松窓枠、24日(水)静岡JAMJAMJAMに来てくれます!最前のお客さんが、HYDEさんの足を触れる程、距離の近いライブハウス・ツアーですが、チケットは当然Sold Out! (TOT)
8月13日(日)には、名古屋レインボーホールにも来てくれますので、こっちも売り切れる前に、早目にチケットは押さえましょう!!(因みに、チケット代は、6660円。素敵…♪)

初めてお会いしたHYDEさんは、画面で見るのと変わらずに美しい男性でしたが、正直!さゆりんは「何てキュートな方なんだろう!」と思ってしまった。それは、見た目もそうだけど、話し方とかがね、優しくて。サングラスの下の瞳には、少年のような好奇心が見え隠れしていて。お疲れの中にも拘わらず、最後に「今後の野望、目標は?」と尋ねたら、「さゆりんを口説くことかな。」と、ジョークも忘れない素晴らしいサービス精神も発揮して下さいました!(ええ、完全に冗談でした(TT)しかも、OAでカットされてました(爆笑))
また是非、番組に遊びに来てくれますように…。その時は私も、前の晩から、枕元に豹柄のジャケットを準備してから寝ます♪
スポンサーサイト



2006-05-01 Mon 21:55
別窓 | Only U | コメント:0 | トラックバック:0
<<多爱他一天 就多堕落一分 | ๑۩ﺴ๑下雪の那一天๑ﺴ۩๑ | Tokyo FM 2006.04.30>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| ๑۩ﺴ๑下雪の那一天๑ﺴ۩๑ |